​フルボ酸循環

​良質なフルボ酸が多く生まれるのは森の中

森の中でフルボ酸は地球の浄化システムの最初に生まれるエネルギーのような存在です。

腐植が始まる前に大量に発生して金属を吸着しながら腐植を進行させ土を作ります。

また、川に流れて鉄と結合してフルボ酸鉄となり海を育みます。

​古い土壌になり土壌の安定化が進むとフルボ酸は役目を終えて無くなります。

街の中の水たまり、家庭のコンポストにもフルボ酸は発生します。

​化粧品、サプリメントの世界ではフルボ酸は腐植酸の一部なので腐植酸(フミン酸)を製品名や記号としてフルボ酸と表示されています。しかし大きなグループでのフミン酸とフルボ酸は土壌学的には違う物質です。

フルボ酸は400年、腐植酸は800年ほど土壌に残ります。

ミヤモンテは果物や野菜からフルボ酸を発生させて製造しています。

フルボ酸誕生.jpg