top of page

Hawaiiノニの発酵比較

ノニの通常発酵

ノニについて

AI

ノニは、南太平洋のポリネシア地域原産のスーパーフルーツで、古くから現地の人々によって伝統的な植物として利用されてきました。ハワイでは、古代ハワイアンが持ち込み、健康維持や肌の乾燥防止、切り傷の治療などに使われてきました。


Wiki

ヤエヤマアオキ(八重山青木; 学名: Morinda citrifolia)は、アカネ科ヤエヤマアオキ属常緑小高木学名のうち属名の Morinda は、ラテン語の「morus」(クワ)と、「indus」(インド)との2語からなるが、果実の形状に由来する。また種小名 citrifolia は「citrus」(シトロン)と「folius」(葉)とからなり、柑橘に似た葉を有する意味である。和名に「アオキ」とあるがアオキガリア目ガリア科で遠縁である。ハワイフランス領ポリネシアなどで言うノニ(noni)が、ノニジュース等を販売する業者が「健康食品」と称して宣伝していることもあり、良く知られる名称の1つになっている。


久しぶりにノニの瓶を開けてみました。

ハワイでは綺麗に洗ったノニを空の瓶に入れて太陽の当たる場所に置きます。

毎日、コロコロと転がしながら太陽に当てて発酵を促します。

100%ノニで何も加えないで太陽の力と微生物の働きで発酵は促進されます。


そこにフルボ酸を量を変えて加えた瓶を何本か作りました。


フルボ酸を入れなかった通常発酵の瓶は何年してもノニの形が残ります。












フルボ酸を加えた瓶のノニは完全に形がなくなっていました。100%のにジュース

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page